前回書きましたように、2015年10月1日より「初診日」の取扱いが変わりました。この内容について何回かに分けて見ていきたいと思います。

今までは「診断書」「受診状況等証明書」など医療機関による証明書を提出することが出来ない場合は、「初診日」が不明のため不支給とされることが間々ありました。
今回の取扱いの変更は2点あります。
(1)「第三者の証明+参考資料」があれば、請求者の申立てをした日を「初診日」として認めるというもの。
(2)「一定の期間に初診日があることを示す資料+その期間内のどの時点でも納付要件を満たす」ならば、請求者の申立てをした日を「初診日」として認めるというもの。
です。
(1)に関しては、今までも「20歳前障害」の場合は、「初診日」に関する「複数の第三者証明」があれば、「初診日」を20歳前とした請求を認めていました。今回は20歳以降の「初診日」についてもその対象を広げたという感じです。が、取扱いが少し違います。
次回以降に、それぞれの内容について見ていきたいと思います。
障がいや遺族など年金に関する相談は菅沼社会保険労務士事務所のホームページからお願いします。老齢年金の相談も受けています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 年金へ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ  

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    こうじ
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    社労士 菅沼
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    gogo
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    suga578
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 3か月、いや2か月足りない
    makomako
  • もうすぐで請求できます
    菅沼

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM