しばらくブログを更新していない間に、法改正のために前のブログの内容を訂正しなくてはいけない箇所が生じています。
2014年2月11日に書いた「障害年金の子の加算と児童扶養手当は同時に受けられません!」を訂正します。
平成26年12月1日より児童扶養手当法が一部改正され、公的年金給付等の額が 児童扶養手当の額より低い場合は、その差額分の児童扶養手当が受給できるようにな りました。 これまで、障害基礎年金(1級、2級)を受給されている方については、障害基礎 年金の子の加算額と児童扶養手当額のどちらかを選択してましたが、今回の法改正により、まず障害基礎年金の子の加算を受給していただ き、その加算額が児童扶養手当額より低い場合に、その差額分を児童扶養手当から支 給するように変更されました。 
まず、子の加算を含めて障害年金を受給し、もし、児童扶養手当の方が多い場合は、その差額を支給するというように変わりました。
法が目まぐるしく変わります。追いついていけるようにブログを継続していきたいと思います。

障がいや遺族など年金などの相談は菅沼社会保険労務士事務所のホームページからお願いします。老齢年金の相談も受けています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 年金へ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ   

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    こうじ
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    社労士 菅沼
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    gogo
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    suga578
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 3か月、いや2か月足りない
    makomako
  • もうすぐで請求できます
    菅沼

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM