JUGEMテーマ:年金 

治癒した後、再び同一疾病が再発している場合は、再度発生した日
ぐ絣愿には完治していない場合であっても、社会的治癒があったと認められる場合は、再度発生して受診した日
 (1)医療を行う必要がなくなり、(2)無症状で医療を受けることなく、(3)相当期間が経過している場合は、社会的治癒があったと認め、再度発生した日を初診日として取り扱われます。相当期間とは一般的には5年以上、精神疾患の場合はもう少し長く経過していないと認められていないようです。医師の診察を受け、投薬をされている場合は原則として社会的治癒とされません。(審査請求では認められた例はあります。)経済的理由等の本人の都合による治療の中断の場合は、社会的治癒としては認められません。

障害や遺族年金などの相談は菅沼社会保険労務士事務所のホームページからお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 年金へ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ     
ブログ村というのに参加しています。よろしければ、どちらかを押してみてください。   

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    こうじ
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    社労士 菅沼
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    gogo
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    suga578
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 3か月、いや2か月足りない
    makomako
  • もうすぐで請求できます
    菅沼

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM