JUGEMテーマ:年金
初診日が特定できないため、障害厚生年金の支給を認めることができない、という決定が出されることがあります。私自身が代理したものでの経験はないのですが、年金事務所に行っているときにそのような事例の話を伺いました。糖尿病から透析に至った事例などに多いとのことでした。確かに、糖尿病の場合の初診は難しいものがあります。糖尿病に限らず病院が廃院したり、カルテが残っていなかったりして、初診証明が取れない場合があります。こういった場合は、次の病院のカルテ等に前医等の初診の時期や診断名が明確に書かれていれば、認められることもあります。そして、初診日が日にちまでは、はっきりとは分からない場合、例えば「昭和○○年○月頃」というところまでしかわからない場合でも、絶対ダメとは限りません。もちろん、それ以前の納付要件がある程度幅があっても満たしている必要はありますが。自分からこれではだめだろうとあきらめてしまうのではなく、検討してみることですね。

障害や遺族年金などの相談は菅沼社会保険労務士事務所のホームページからお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 年金へ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ     
ブログ村というのに参加しています。よろしければ、どちらかを押してみてください。   

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    こうじ
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    社労士 菅沼
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    gogo
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    suga578
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 3か月、いや2か月足りない
    makomako
  • もうすぐで請求できます
    菅沼

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM