JUGEMテーマ:年金

障害年金を請求された結果に不服がある場合、その後の対応には主に次の2つの方法があります。
/該裟禅瓩鬚垢襦´∈萄枋蠕禅瓩鬚垢
「/該裟禅瓩鬚垢襦廚砲弔い
これはよく知られた方法かと思います。結果を知った時から60日以内にしなければいけません。請求先は、各地方の地方厚生局にある社会保険審査官です。
大抵は、障害認定基準に達していないという理由で不支給になったり、3級になったりしていることに対する審査請求かと思いますので、以下はそのことを前提とした内容です。
原則として、初めに提出した診断書や病歴申立書等をもとに判断されます。ただし、先の診断書等に間違いや、記入不足があった場合などには、新たな診断書や医師の意見書などが取り上げられることもあります。
従って、私は、審査請求書には、診断書や病歴申立書の記載内容が障害認定基準のこの部分に該当しているではないか、とかいった主張を書きます。ですので、最初に請求するときの診断書の内容や病歴申立書の内容が重要になってきます。
「∈萄枋蠕禅瓩鬚垢襦廚麓_鵑法

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    菅沼恒博
  • 遺族年金の孫の受給
    こうじ
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    社労士 菅沼
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    gogo
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    suga578
  • 父子家庭の遺族年金(4)
    cat
  • 3か月、いや2か月足りない
    makomako
  • もうすぐで請求できます
    菅沼

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM